イモ掘り始めました!

厳しい暑さが続いていますが、季節は待ってくれません。

じゃがいもの収穫期がやってまいりました。

炎天下、1人でしかも手掘りで作業しました。この後、冬に備えて大根を植えるので(盆前)、整地をしながらの作業でした。

昨日から始め二日間でインカのめざめ、北あかりの2/3ずつを堀り上げ、合計100㎏くらいの収穫がありました。

インカのめざめ。果肉が少し黄色で甘みがあります
学校で主に使うのは北あかりです
沖縄の瓜、モーウイ(赤毛瓜)です。表面が茶色になり、ひび割れのような状態になったら食べ頃です
白瓜。もう少しで奈良漬けが作れます

夏の体験入学(1回目)行いました。

今日の体験入学では、真狩のハーブポークをソテーしてアップルソースや授業で作ったデミグラスソースを添え、修学院ファームで採れたカンゾウのつぼみやコールラビ、トマトなどを付け合わせました。

その他に、コンビーフのカレー味にファームで採れたインゲンを添えたもの、本校で作ったピザソースにゆで玉子とえんどう豆、チーズをふりかけたピザ2種を作りました。

また、ワンポイントレッスンでは「食品加工」を紹介し、ファームで採れたラズベリーを使ったアイスクリームを作り、(すぐには食べられないので)学生が作ったものを試食しました。

真狩のハーブポークは本当においしい豚肉です
ポークの調理では焼き方のコツを学びます
アップルソースと特性デミソースをかけます
ピザのトッピングはアイデア次第です
ラズベリーのアイスクリーム作り。イタリアンメレンゲを作っているところ

今日は「中国料理試食会」の日でした!

本校開校以来49年続けている、1学期の最後の大きな行事「中国料理試食会」が無事終了しました。

11年前まではホテルで行っていましたが、今は学校の中で2年生の学生たちが1年生の後輩に料理を作ってふるまいます(全17品)。

その方が珍しい高級なものが思い切って使えるからです。後輩も喜んでいましたし、2年生の先輩たちもよい経験になったことでしょう。

いずれにしろ、学生たち、1学期よく頑張りました。おつかれさまでした。

広東風チャーシューなど前菜は5品、1人盛りです。
カニ爪の揚げ物。最近こういう料理は見かけなくなりました
帆立と野菜のXO醤炒めです。修学院ファームの甘草のつぼみも入っています
鶏手羽とナマコの煮込み。ナマコは高級品です
蒸し魚。香菜(パクチー)が入った東南アジア的な料理です
五目チャーハンと共に出された干し貝柱と白菜のスープ

ブルーベリーの収穫が始まりました!

修学院ファームでは6月下旬のハスカップ、7月中旬からのラズベリーに続き、ブルーベリーの収穫期に入りました。

今採れているのは早生(わせ)品種で、今月下旬の25日あたりから本格的な収穫に入ります。

今日月曜日祝日(海の日)の収穫は約5㎏でした。

学校ではアイスクリームやジャム、タルト、その他スイーツや肉料理のブルーベリーソースとして活用します。

大きな粒は5円玉くらいの大きさにはなります
まだラズベリーの収穫は続いています
ハスカップやラズベリーに比べてブルーベリーは効率よく採れます

ラズベリーの収穫始まりました!

毎年、7月中~下旬、9月下旬の2回ほどラズベリー(フランス語でフランボワーズ)を収穫します。

本校では、アイスクリームやタルト、ムースなど数多くの場面で活躍する果実で、甘さ、酸味、香り、味、色など総合力ではトップクラスだと思います。

今年も夏、秋合わせて10㎏の収穫を予定しています。

(6月撮影)枝にトゲがあり、ケガする危険性があります
果実を摘み取るには手間ひまがかかります
まずごく薄い洗剤で洗い、さらに水を取り替えながら3度ほど洗います
洗った後、1個ずつトレーに並べ、冷凍にかけます
冷凍にかけた昨年のラズベリー(2.5㎏ほど残りました)

ハスカップとれました!

仁木町にある修学院ファームの、今年初めての果実収穫となるハスカップがとれました。

合計1.2㎏で、今年の目標である3.0㎏の約半分が収穫できました。

次は「ラズベリー」(7月10日くらいから)、「ブルーベリー」(7月20日ころから)へと続きます。

このハスカップは来週、実習でアイスクリームにします。

果肉が柔らかいので、ハスカップの収穫には注意が必要です

色々なアイス作りました

仁木町の修学院ファームでとれる果実や手作りのもの、その他でアイスを作りました[(動物性)生クリームを使用していませんので厳密にはアイスクリームではありません]。果実は昨年収穫したものを使いました。

甘酒は米こうじともち米で手作りしました。

(上)抹茶、(中)左:ハスカップ、中:甘酒、右:ラズベリー、(下)左:甘酒とヨーグルトのシャーベット、右:ごまのシャーベット

トマトを植えました(修学院ファームだより)

今日・日曜日は仁木町の修学院ファームでトマトの植えつけ、じゃがいもの土寄せ、夏野菜のズッキーニやモーユイ(赤毛瓜:沖縄の瓜)を植えました。天気は快晴、浜風が吹いて絶好の農作業日和でした。

トマトは強い植物ですが、栽培には手のかかる植物でもあります
じゃがいもの1回目の土寄せです。花が咲いてから急速に芋が大きくなります
今年は丸いズッキーニはやめました
学生が種から植えた絹さやえんどうの花です。あと2週間くらいで収穫です

 

トウモロコシの茎もだんだん太くなってきました

山菜で料理を作りました(山菜セミナー)

喜茂別やニセコ方面で採ってきた、ふき、うど、わらび、ネマガリダケなどで、その下処理の方法、料理法などを学びました。
また、「イタドリ」で作ったジャムや「すぎなのお茶」などを試食しました。

山菜はアク抜きが重要です。

ネマガリダケはゆでて皮をむきます。

次第に煮汁を煮詰めていきます

うどは鳥羽産のワカメ(塩)と酢味噌で和えました

よもぎを入れてかき揚げを作り、温かいそばにのせました

今日の山菜料理の完成です

さあ、試食です

山菜とってきました

6月4日(火)はかれこれ25年続けている「山菜セミナー」の授業です。

そのため今日日曜日は、喜茂別からニセコ方面にわたって山菜を採集しました。

わらび、うど、ふき、ねまがりだけ、ついでにいたどりとよもぎを採りました。

山菜は採取するより下処理が大変です