第1回調理技能コンクール、ありました。

毎年、第1回の調理技能コンクールが行われると、もう1学期もあと少しだなとか夏休みも間近だなと思うのですが、今年は6月から実質的な授業が始まり、まだ1カ月しかたっていません。(今年はまだまだ補習が続きます)

普通ここまで2カ月半かかるのですが、今年の学生は特に熱心なのか、実技についてはあまり遅れを感じさせない内容のコンクールでした。

学校茶道、始めました!

今年度初めての「茶道入門」の授業の日でした。

これから何回かにわたって行いますが、今日は「おもてなしの心」を養う授業で、あいさつの仕方(お辞儀の仕方など)から始まって、お運びの仕方、椀のあついかい、お吸い物の頂き方、茶菓子の頂き方、そして「盆略手前」でたがいにお茶をたてながら一服頂いていました。

茶菓子は「和菓子専科」の授業で作った「求肥」を使いました。

教室の机を利用する場合などは「盆略手前」が便利です
お運びの練習ですが、秋の「日本料理賞味会」では実力を発揮できるでしょう
1つ1つの所作にも意味があるものです
菓子碗から自分の懐紙に菓子を取ります
楊枝も慣れないとぎごちないものです
お茶も料理も相手を思いやる気持ちが大切なのです

じゃがいもの花、咲きました!

仁木町の修学院ファームでは、今年もじゃがいもの花が咲き、これから急激にイモが大きくなっていくでしょう。

今年は連休中の外出自粛ですっかり出遅れた農作業ですが、やっと追いつきつつある状況です。

後はすっかり伸びた草を刈ってきれいにしなければなりません。

手前のピンクの花が「北あかり」、白い花が「とうや」、まだ花が咲いていませんが「メークイン」と続きます
ハスカップの実。収穫期に入りました
きぬさやえんどう。収穫期に入りました
コールラビ。収穫期に入りました
春菊。収穫期に入りました
トマト(350本)も植え終わりました。これからが大変です
夏野菜のキュウリです
秋どりのみょうがです
夏野菜の「ししとう」、「ピーマン」、「伏見甘長」です
トウモロコシです
夏野菜のズッキーニも花が咲いてきました

おいしいデミソース、完成しました!

本日の調理実習は西洋料理で、2年生は「子羊の香草風味焼き、ラザニア添え」を作り、1年生はデミソースを完成させ、「ビーフシチュー」を作りました。

3日間は長かったけど、深みのあるおいしいデミソースが出来上がりました。

「子羊の香草風味焼き、ラザニア添え」です
ラムラックを掃除して香草をのせ、オーブンで焼きます
ラザニアです
牛バラ肉をたこ糸で結び、表面を焼いてからデミソースで煮ます(4人分)
今日は人参のシャトーむきの練習もしました
ビーフシチューが完成しました

昔風カレー作りました!

昨日ブイヨンを作りましたので今日はそれを使って「手作り昔風カレー」と「デミグラスソース」の仕込みを行いました。

カレーの作り方そのものはルーの段階から手作りする「昔なつかしい」カレーなのですが、ブイヨン(洋風のだし)をきちんととっているので、若い学生にとっても、大変おいしいと感じるみたいです。

明日はいよいよ「デミグラスソース」を完成させて「ビーフシチュー」を作ります。

昔懐かしいチキンカレーです
茶色のルーを作ってデミソースの色付けをします
2日目も3時間ほど煮込みます
カレーの具、プティオニオンです
同じくカレーの具、マッシュルームです
カレーのメインの具、チキンです。カレー粉と薄力粉を混ぜた粉をまぶして炒めてからカレーに入れます
バターライスにたっぷりカレーをかけます
完成です。無農薬野菜のサラダを添えました

ブイヨンを作って、自前のカレルーを仕込みました!

今日の1年生の調理実習は西洋料理で「ブイヨン」を作って、明日チキンカレーを作り、あさってはデミグラスソースを作る予定です。

また、今日の料理は「ガーリックチキン、無農薬野菜添え」と「2種類のピザ」を作り、他にラズベリーのアイスクリームを仕込みました。

今日の料理、ガーリックチキンと2種類のピザです
ブイヨンは鶏がらや牛すね肉などを使って3時間半かけて作りました
トッピングに使ったさやえんどうは修学院ファームでとれたものです
チキンはガーリックオイルで焼きます
チキンを切り分け、醤油、酒、みりんの割下を煮詰めたソースをかけます
ラズベリージャムと生クリームを合わせたものにイタリヤンメレンゲを混ぜます
カップに入れて冷凍してアイスクリームの完成です
カレーも仕込みました

今年初めての体験入学、行いました!

今年4月から予定していた体験入学でしたが、新型ウイルス感染症の影響でやっと本日1回目を実施しました。

お茶を点てたりゲームは中止にして、学校説明とワンポイントレッスン(ラズベリーのアイスクリームを作りました)、調理実習などをあまり時間をかけずに、いつもより簡素にして実施しました。

調理実習は日本料理で「串カツ丼」、「小松菜と小揚の煮びたし」、「のりの佃煮」の定食を作りました。

「串カツ丼」のソースは味噌仕立てで、普通の豚肉も使いましたが、もう一種類、海老としいたけの串カツも作りました。

串カツ丼です
豚肉や海老、しいたけ、長葱に衣をつけていきます
順番は前後しますが、串カツを揚げていきます
小松菜と小揚の煮びたしを作ります
のりの佃煮は焼きのりを水にうるかしておくことから始めます
定食ができあがりました

おいしいデザート、作りました!

今日の調理実習は2年生が試験対策で「むきえびのチリソース煮」を練習し、合わせて「天津飯」を作りました。

1年生の方はデザートの授業で、「2種類のクレープグラタン、ブルーベリーソース」を作りました。

ブルーベリーソースは、昨年本校の農園でとれたブルーベリーを使いました。

本日のデザートです。
クレープの生地を作ります
クレープを焼きます
もう1種類の生地、ココアを入れたクレープを焼きます。あとからバナナソテーを包みます
プレーンのクレープの方にはメランジェ・フルーツを包みます
2種類のクレープを皿に並べ、サバイヨンソースをかけ、焼き色を付けます

 

ソーセージ、作りました!

例年4月下旬からスタートする「食品加工産業セミナー」の授業ですが、今年は新型コロナウイルスのために今日1回目がスタートしました。

テーマはソーセージの作り方や豆腐、アイスクイリーム、トマトケチャップ、モッツレラチーズ制作などですが、今日1回目はソーセージ作りを体験しました。

調理実習の内容は「「ポークウインナー」、「大葉入りウインナー」、「バイスブルスト」、「チョリソー」を作りました。

初めての経験でしたが、北海道の畜産についても学び、合わせて楽しいソーセージ作りも体験しました。

おいしいソーセージ作りには新鮮な肉が欠かせません
羊の腸。この中に肉を詰めていきます
風味づけに様々な香辛料を使います
空洞ができないように肉を詰めていきます
チョリソー
それぞれのソーセージに応じた加熱温度と時間があります
大葉入りソーセージとバイスブルスト
ポークウインナー
4種類の完成です

サーモンとポルチーニ茸のパイ包み、作りました!

今日の1年生の授業は中国料理で「鶏ささみとピーマンの塩味炒め」の試験対策(他に中国料理のむぎものの練習)で、2年生は「サーモンとポルチーニ茸のパイ包み」と「杏仁風味のプリン、白ワインのジュレとともに」という料理を作りました。

パイ包みは1年生の時やりましたが、今回のものは焼いたパイを切ると中からキノコのよい香りがただよう料理です。

サーモンとポルチーニ茸のパイ包みです
杏仁風味のプリン、白ワインのジュレとともにです
伸ばしたパイを適当な大きさに切ります
塩、胡椒したサーモンと、他の材料とともに調理したポルチーニ茸をほうれん草で包みます
ほうれん草で具材を包んだ後パイでさらに包んで焼きます