夏野菜を植える準備を始めました(ファームだより)

まだ遅霜の心配のある時期ですが、6月上旬からトマトやキュウリ、ズッキーニ、なすなどの夏野菜を植えるので準備を始めました。トマトの畑だけはトマトの数が多いので(加工用トマトなど7品種)農家さんに頼んでトラクターで耕しますが、他はスコップを手に草の根っこを丁寧に取り除く、まさに手作業です。なお、今年初収穫の野菜、分葱(わけぎ)がたくさんとれました。多分5月いっぱいで花が咲いてしまい、いったん枯れ、球根だけを保存しておいて秋にまた植えると株が分かれて冬に収穫できます。うちの学校ではどちらかというと冬場、(鍋料理の)ポンズ醤油の薬味に使うことが多いのですが、他にも酢味噌和え(ぬた)などにすると、特に球根の部分がほのかに甘くておいしいのです。

分葱(わけぎ) 普通の葱と違い、根が球根になっています