まかない食で、昔風チキンカレー作りました!

今日の1年生の授業は2組、5名のお客様をお招きしてレストラン授業を行いました!

学生はまかない食として「昔風チキンカレー」を作り、お客様は昨日と同じ「サーモンのパイ包み ポテトグラタン」、「フランスパン(クリームチーズ、自家製マーマレード添え」、「野菜とベーコンのスープ」を召し上がりました。

お客様は料理がとてもおいしく出来ていると、非常に満足そうでした。

特に、ぶどうのキャンベルの熱いジュースを最初にお出ししたときは感動していました。

昔風チキンカレーです
肉は軟骨などを掃除して大きめに切ります
プチオニオンとマッシュルームなどと煮込みます
お客様がくる前に腹ごしらえをすませます
今日お客様が食べる料理です
練りパイを使ってサーモンを巻いていきます
ポテト(品種:とうや)グラタンです。単純な料理ですが、とれたじゃがいもがとてもおいしいのです
野菜とベーコンのスープですが自家製のブイヨンを使っていますのでとてもおいしいのです
お客様も立って作業風景の写真を撮りました

お客様を迎える準備をしました!

明日は親しい人をレストランにお招きして心のこもった料理を提供する日です。

みんな気合を入れて練習しました。

今日はお客様と同じメニューを作ってみずから食べますが、明日は昔風チキンカレーをまかないで食べる予定です。

明日のメニューは「サーモンのパイ包み ポテトグラタン添え」、「自家製フランスパン(クリームチーズをナッペして、自家製のマーマレードを塗ったもの」そして「野菜とベーコンのスープ(自家製のブイヨン使用)」、「鶏むね肉のから揚げ」です。

左が「サーモンのパイ包み ポテトグラタン添え」です
サーモンで挟むデュクセル(シャンピニオンや舞茸を炒めたもの)を作ります
この上にまたサーモン、ベーコンをのせ、ほうれんそうの葉で包みます
サーモンを包み終わったらパイ生地で包みます
30分くらい焼いて盛り付け用に半分に切ります
生クリームと牛乳とポテトなどでグラタンを作ります
野菜とベーコンのスープを作ります
フランスパンも焼きました

農園、撤収作業、始めました!

春から色々な野菜や果物を収穫してきました仁木町の修学院ファームは例年より少し早いのですが片づけ作業を始めました。

いつもの年であれば11月3日の「文化の日」に撤収作業を行うのですが、結構作業は寒い中で行うものですから、今年はまだ暖かいうちに終わらせたかったからです。

今年は例年になく仁木町は霜が降りず、まだ引き続き収穫は出来ます(少ない量ですが)。

ラズベリーは今年2回目の収穫です。ピーマンやししとうは霜が降りるまで収穫できます
今日の作業はトマトと豆(えんどう、いんげん)の支柱はずしでした。約300本
羊に食べられた大根です(葉は再生したものです)
羊に食べられた「チシャトウ」です。全滅でした

秋の味覚、楽しみました!

今日の調理実習は寿司の授業で、恒例の「サンマのにぎり」と修学院ファームでとれた野菜で「野菜のにぎり、チーズの風味を加えて」を作ってみました。

今年はサンマがあまりとれず、値段も高そうで心配していましたが、値段のほうはそれほど高くなく(魚箱ごと買いました)、脂ののりもよく、大きさも普通で安心しました。

なにより学生が喜んでいたのが一番うれしかったですね。

野菜のにぎりももう3回目です
サンマを3枚におろします
盆ザルに並べて塩を当てます
小骨も注意深く抜いていきます
皮も除きます
切り身にしてにぎります
野菜のにぎりの上にチーズをのせて焼き、たれをかけます