さらにパワーアップした野菜の苗たち

修学院では実習で使う野菜の多くを仁木町にある修学院ファームで栽培しています。農薬はもちろん肥料も一切やっていません(特に無農薬にこだわっているわけではありませんが)。3月下旬から種まきを始め、ここにきてずいぶん大きくなりました。ビニールハウスがないので現在は学校の屋上が野菜たちの日光浴の場です(毎日夜は中に入れてやりますが)。あと半月ちょっと、アブラナ科の野菜とえんどう豆、じゃがいも以外は5月下旬、ちょうどカッコー鳥が鳴き始める頃から天気を見て圃場(畑)に移植します。

夜は寒いので中に入れてやります
手前はチンゲン菜とブロッコリーの一部。もう食べられそうですね
主力のトマトの苗(7品種)。生はもちろん、ケチャップ、ペースト、デミソースなどを作ります