美味しい中華だし、作りました!

何といっても料理はだしが重要ですね。

中国料理もていねいにとっただしで作ると美味しくなります。

今日の調理実習では2回目の中華だしの取り方を復習し、「白味噌仕立てのマーボー茄子丼(海老そぼろ)」、「担々麺(タンタンメン)」、「幽庵風鶏のから揚げサラダ仕立て」の3品を作りました。

中華だしはとても澄んだ美味しいだしがとれました。

今日の実習の内容です。右上が白味噌仕立てマーボー茄子丼(海老そぼろ)です
鶏ガラの下処理は濁らないスープを作る基本です
葱の青味、しょうがの皮、さんしょうの実なども入れます
沸騰したとき、強火のまま浮いてくるアクや油を徹底的に取ります
茄子はアクを抜いてから使います
白味噌と砂糖、水を煮詰めて甘味噌を作ります
ここでは豚のひき肉の代わりに海老の粗切りを使いました
マーボー茄子丼の完成です
鶏のから揚げは幽庵地に漬けました
担々麺の完成です