宮崎県の郷土料理「冷汁」、作りました!

今日は食文化概論の授業で宮崎県の郷土料理、「冷汁」を作りました。

本来、食文化概論の授業は講義ですが、毎年郷土料理の授業のときは実習になります。

「冷汁」からは、本州の暑い夏をのりきる食生活の知恵のようなものを感じることができます。

冷蔵庫のない時代、朝作った味噌汁は夕方にはすっぱくなりますので、こういう「冷汁」が生まれたのしょうね
魚は本州の「鯵」を使いました。まず、焼いて身をほぐします
本来すり鉢の中で鰺と味噌と煎りごまを合わせるのでしょうが、今回はアルミホイルの中で合せました
合せた味噌をサラマンダーで香ばしく焼きます
具のみょうがを千切りにします
生産量日本一(宮崎県)の胡瓜は薄切りにします
冷やした味噌と同じく冷やした出汁を合わせ、豆腐などの具材を入れて、あとは「麦飯」にかけるだけです

ジャガイモの収穫、始めました!

今年もじゃがいもが元気です。

今年は「北あかり」と「とうや」というジャガイモの2品種を植えました。

その他の野菜も収穫期に入ってきており、2学期からの授業にも使えるので楽しみです。

今年は全部で300㎏くらいの収穫になると思います
キュウリやズッキーニも収穫期に入っています
寿司の授業のためにすでにヤングコーンはとっています
「とうや」とい品種です

ブルーベリー、今年も穫れ始めました!

ブルーベリーが今年も穫れ始めました。

いよいよ夏の到来ですね。

学生たちと入学直後から種から育ててきた野菜類も、仁木町の修学院ファームで収穫の時期がまじかになってきました。

ブルーベリーが穫れるともう夏だなって思います
ラズベリーはすでに収穫期に入っています。今年は8㎏くらいでしょうか
トマト(中玉のフルティカ)は8月から収穫の予定です
ヤングコーンを使ったすしの授業が楽しみです
これズッキーニなんです。他に、緑丸や緑長、黄長があります

手作りグルテンで「麩まんじゅう」と「グルテンのから揚げ」作りました!

昨日8日は「食品加工産業セミナー」の授業があり小麦粉の粘りについて勉強しました。

グルテンの形成は他の麦などにはみられない小麦特有の性質で、グルテンは網目状の組織を作り、粘る性質を持ちます。

授業では、まず強力粉と薄力粉を別々に水を加えて練り、30分ほど寝かせてボールに水を入れ生地を水中でよくもみグルテンを取り出し、比較しました。

水で練って休ませた生地からグルテンを取り出していきます
粘りの強いグルテンができました
グルテンを使って「麩まんじゅう」を作ります
「麩まんじゅう」の完成です
「グルテンのから揚げ」もできました

ハスカップ、収穫始めました!

今年は気温が低くて葉物野菜は大変厳しいのですが、ハスカップが収穫期に入り、他の野菜も元気です。

じゃがいもは、もう1週間ほどで花が咲き、芋も大きくなります
ハスカップは色づきはじめ1回目の収穫は500gでした
トマトの苗もしっかりしてきました
ズッキーニも花が咲きました
かぼちゃ類は元気です
きぬさやえんどうも収穫期に入りました

じゃがいも、大きくなりました!

今日は仁木町の修学院ファームに出かけ、じゃがいもなどの手入れをしました。

じゃがいもは5月の連休明けに種イモから植えたもので、あと半月ちっとで花が咲くと思います。

今日はじゃがいもの畝の雑草とりや1回目の土寄せ、茎を5、6本位に揃える作業をしました。

あと、長葱3種の植え付け、ハスカップの下草刈りをしました。

じゃがいもは「北あかり」と「とうや」の2品種を植えています
えんどう豆(絹さやえんどう)は10日くらいでsです
ハスカップは7月上旬に収穫です

鶏1人1羽、おろしました!

本日の1年制調理実習は鶏のさばき方と「若鶏のビシー風クリームソース」を作りました。

鶏の各部位を使うことはあっても、なかなか1羽をさばいて各部位を確認することはありません。

やっと魚のおろし方に慣れたばかりで、鶏1羽に苦労していました。

鶏は1人1羽をおろしました
見たことのある部位をおろしていきます
だんだん見たことのある部位に移っていきます
骨も立派な食材(スープの材料)です。大切にします

フォンドヴォー、仕込みました!

デミソースやフォンドヴォーはよく使いますが、フォンドヴォーが少なくなりましたので2年制の2年次のクラスの実習で作りました。

子牛の骨とスジ肉、野菜を使って6時間かけて作りました。

他には「ハンバーグ赤ワイン風味」やフランスパンで「ブルスケッタ」を作りました。

今日の調理実習の内容です。この他にフォンドヴォーを作りました
フォンドヴォーの仕込みです
ハンバーグは手慣れたもの。ソースのバリエーションは何種類もあります
フランスパンの仕込みです
フランスパンができ上りました

 

手羽先、再利用しました!

今日の調理実習は「簡易中華スープのとり方」と主材料である手羽先の再利用を考えてみました。

他には、「チャーハン」を土台に「麻婆豆腐」のあんをかける料理を作りました。

中華スープをとった後、「鶏手羽としいたけの煮込み」を作りました
スープを取った後の手羽先は醤油とみりんをまぶして素揚げして煮込みました
2年制の学生はこのじきになると上手にチャーハンがあおれます

トマトの苗、植えました!

昨日、仁木町の修学院ファームに行き、トマトなどを植えました。

昨日は、行った時は小糠雨でしたが、その後は回復し、農作業には最適な天気になりました。

毎年トマトを植えるのが遅くなってしまい、つい焦ってしまうのですが、今年は安心しました。

農作業のついでに雑草「スギナ」をとりました。存じの通り「ツクシ」はスギナの胞子茎で、スギナは昔から薬として利用されてきました。

本校ではこれを洗って乾燥させ、煎茶と半々でミルで粉末にし「スギナ茶」にします。塩と合わせればスギナのふりかけになります。

今年は、フルーツトマト「フルティカ」の1種だけ植えました
トマトの他にコールラビも植えました(これは紫コールラビ)